ユー・レイズ・ミー・アップ

「TOHO Now」という情報誌が送られてきて、その中に看護学部で戴帽式(たいぼうしき)が行われたという記事がありました。

戴帽式とは、看護師を目指す学生たちが、初めての病院実習に臨む直前に、教員が、学生一人一人にナースキャップをつけ、看護師を目指すものとしての意識を高め、またその責任の重さを自覚させるための式です。

私は20年位前に野田看護専門学校で教えていたことがあり、何度か戴帽式に出席していますが、とても感動的です。キャンドルを手に壇上に整列した戴帽生を見ると「俗世を捨て、神に人生を捧げた天使」といった覚悟が伝わってきて感動します。

(あまり知られていないと思いますが)看護師を目指す学生さんというのは、本当にすごい人達なんです。パワーがいっぱいで、真面目で、明るくて、人を救うためにこの世に送り込まれてきた人、って感じです。

TOHO Nowの記事には、戴帽生たちは、
「私たちの笑顔がすべての人の生きる希望となるような心温まる看護を目指し続けます」と誓いの言葉を唱和し「ユー・レイズ・ミー・アップ」を合唱した、とあります。

「ユー・レイズ・ミー・アップ」とはどんな歌かなと思って、調べてみると、聴いたことはありましたが、歌詞の意味まで知りませんでした。看護師を目指す人たちにピッタリの歌ですね。

http://www.worldfolksong.com/songbook/masterpiece/youraise.htm