ウガイ薬

私は風邪をひくと必ず喉に来て苦しみました。

ワラにもすがる思いで色々なウガイ薬を試してきました。

その結果到達した結論は「ウガイ薬と喉用トローチほど効かない薬は無い」です。

「ウガイ薬が新型コロナに効く」と聞いた時、真っ先に「間違いだ」と思いました。

ウガイ薬は所詮対処療法ですので、絶対効きませんので慌てて薬屋さんに走ったり、ネットで高いウガイ薬を買わされたりすることがないよう、ご注意下さい。

大陸の隆起

さて、2020/7/31(5)の大陸の隆起、に移ります。

これには二つの説があるようです。

(説1)玄武岩がマントルに熱せられて融けると花こう岩になり、花こう岩は軽いので浮き上がって大地を形成した。(こちらがメジャーらしい)
花こう岩は深成岩なので、噴火でなく地中でできる。

(説2)比較的薄い地殻の所で火山が出来ると、安山岩の溶岩ができる。安山岩の溶岩が溜まり溜まって陸地になった。(地殻の組成は安山岩に近いらしい)

色々なでき方があったのかもしれません(何しろ大昔話ですので)。

現在の地球が46歳だとすると、5歳までの頃の話ということになります。

それでは、生まれたて地球の大気の組成はというと、二酸化炭素だらけで呼吸するには相当苦しそうです。

==
注)地球史(2020/7/31)に、(3)を付け加えました。

地球入門

初歩的な話ですみません。

地殻、マントル、プレート、マグマの関係。

プレート=地殻+最上部マントル

マントルは基本的に固体だが,圧力が低くなったり温度が高くなったりすると 部分的に融けて、マグマになる。地殻が融けてもマグマになる。
(マグマとは,地球内部で岩石がどろどろに融けた状態のもの)

溶岩とは、マグマが地上に流れ出てきたもの。

地殻とマントルの違い:
マントルは、かんらん岩などの超塩基性岩から成るのに対して、地殻は花崗岩などの酸性岩・安山岩などの中性岩・玄武岩などの塩基性岩から成る。(組成が違う)

大陸地殻の厚さは30 – 40km位、。海洋地殻は、6km位。
プレートの厚さは100km位(岩盤)

==
マントルは固体だが、超高圧で高温のため、非常にゆっくりと対流している。(核に近いマントルの温度は約3500℃で、地表近くでは約1500℃なので対流が起きる)マントルの深い方は軟らかく、流動しやすい。

中心部の核は、鉄とニッケルを主成分とし、内核と外核に分けられる。約400万気圧という超高圧下にあることから、6000~8000℃と推定される超高温で、固体の内核を、液体状の外核が包んでいる。
外核は秒速10cm位で動いていて、これが地磁気を発生させている(こんなのろい速度で地磁気できるのかな?)。

ワイン

昨日出会ったお気に入りワイン。
(株)アルプスの「信州コンコード(赤の辛口720ml)」。

安い(1000円以下)、酸化防止剤無添加、100%信州ブドウ。

信州コンコード(中口)は以前から知っていましたが、(辛口)に出会ったのは初めて。
好みは人によるので何とも言えませんが、私の好みにはピッタリでおススメします。

サ行

ラジオで「対談などで、相手の話を引き出すこつ」の話をやっていました。それはほとんど有名な「さしすせそ」でした。

「さ」 さすが
「し」 しらなかった!
「す」 すごーい!
「せ」 センス良いですね、絶対
「そ」 そうなんですか!

サ行があるなら他の行もあるかなと思って調べてみるとありました。

相槌のア行
「あ」ありがたい
「い」いいですね!
「う」運が悪かったですね
「え」縁がありますね
「お」恩を感じます

駄目な言葉の行
タ行
「た」 たいしたことないね
「ち」 ちがうんじゃない?
「つ」 つまんないね
「て」 てきとうでいいんじゃない?
「と」 とんでもないです

マ行
「ま」まさかな~
「み」みんなやってるんでしょ?
「む」無理です
「め」面倒くさい
「も」もういい

普段から駄目な言葉を使わないようにしないといけないなと思いました。

分野は違いますが、幸せの「はひふへほ」(法話)というのもありました。

「は」 半分でいい
「ひ」 人並みでいい
「ふ」 普通でいい
「へ」 平凡でいい
「ほ」 程々でいい

地球史

地球の歴史の本を4冊並行して読んでいますが、知らなかったことだらけで驚いています。

(1)46億年前地球誕生、この頃、地球はマグマの海だった。また、太陽の明るさは今の7,80%だった(暗かった)。
(2)45億5千万年前、火星サイズの惑星と衝突(ビッグインパクト)で月ができる。当初、月は地球の近くを高速で回っていたので、バカでかい月が見え、その引力で海は毎日津波状態だった。地球の軸が傾いたのも衝突のせい。

(3)44億年前、マグマの海は表面から冷えだし、黒い玄武岩で覆われた黒い地球になる。玄武岩が地殻である。

(4)43億年前、水分を含む惑星が降り注ぎ、水に覆われた海の惑星になるが、まだ(高塩分で重金属を含む)猛毒の海だった。海の深さは数キロメートル。
(5)40億年前、大陸が出来始める。
まだここまで。

豆知識:
(5)地球上の酸素の99%以上は岩石やマグマに含まれていて大気中にはない。

ラジオ深夜便の効用

(1)夜眠れない時、よく深夜便を聞き、これで発見したことがあります。

夜3時に眠れないなと思ってラジオをつけたとします。3時からの音楽番組が始まったなと思って聞き始め、「全然眠れないな」と思うと4時の番組に移るところだったりすることがよくあります。3時からの番組は全く覚えていないので、1時間眠っていたことになります。

要するに、「実際は眠っているのに、眠れていないと勘違いしていることがよくある」ということです。

不眠に悩んでいる方の中に、もしかすると私のような勘違いをされている場合があるかもしれませんので、深夜便で確認して下さい。

(2)私は床に入ると10秒もしないうちに眠ってしまいます。これは一種の特技かなと思っていましたが、睡眠に関する番組を見ていたら、私のような入眠は「気絶」といって、よい睡眠に結びつかないそうです。これは直せるものではなさそうなので毎晩「気絶」を楽しむようにしようと思いました。

ヒゲ

(1)遠くから若いカップルが歩いてきました。

遠くからでも男性は「黒いアゴヒゲ」をはやしていることが分かりました。
近づいてくると女性も「黒いアゴヒゲ」を生やしています。

おかしいな、と思ってよく見ると2人とも黒いマスクをあごまで落としてかけていました。
二人ともそのアゴヒゲがキマッテいて、カッコいいんです。特に女性のアゴヒゲはおしゃれにキマッテいて美しかった。
これから女性のファッションアイテムとして「付けアゴヒゲ」がありうるなと確信しました。

(2)「うちの女房にやヒゲが有る」という戦前の歌を思い出しました。
♪何か言おうと思っても
女房にゃ何だか言えませぬ
そこでついつい嘘を言う
(女)なんですあなた
(男)いや、別に、その、あの
パピプぺパピプぺパピプペポ
うちの女房にやヒゲが有る♪

https://www.youtube.com/watch?v=Xaum4LV8A_I

確かに!

(連日硬い話ですみません)

以前から、月が落ちてこなかったり、月が遠くへ飛んで行ってしまわないことが気になっていました。

同じ軌道を回っているのだから、安定している条件があるんだろうなと思っていました。
ネットを見ていたら人工衛星が地球の周りをまわる条件があったので、基本はあまり変わらないと思い読んでみました。
(実はこれ、大学の物理の授業で習い、必ず試験に出る問題でした)

それによると、
(1)人工衛星が落下せずに地球の周りをまわる速度を「第1宇宙速度」と呼び、速度をv、重力加速度をg、地球の半径をRとすると、
第1宇宙速度はv=√gRで、具体的には秒速約7.9kmだそうです。

それでは、
(2)人工衛星が地球の外へ飛んでいってしまう速度は「第2宇宙速度」と呼ばれ、
第2宇宙速度v=√2gRだそうです。これは第1宇宙速度の√2倍(1.414)なので、具体的には約11.17km/sです。

この7.9km/sから11.17km/sまでの間であれば、地球の周りを安定して回り続けることになります。結構幅があるなと思います。(ちなみに、速度が11.17km/sに近づくほど大きな楕円軌道になるらしい)

地球ができたての頃、大きな惑星がぶつかってきて月ができた時の条件も大体は、こんな感じだったのかなと思います。
現在月との距離は384,400km、月の速度は約1km/sと人工衛星に比べてだいぶ遅いですが、遠くなる程遅くてよいので問題ないのだと思います。

初速と軌道の関係など計算してみようかと思いましたが、面倒くさくなりやめました。そのうちやってみようと思います。

見通せる距離

電波の勉強をしていたら、見通せる距離の近似計算式が出てきました。

高さh(m)から見通せる距離は、大体 3.57×√hだそうです。

波打ち際に立って、目の高さが1.6mだったなら、見通せる距離(水平線)は3.57×1.265=4.516Km

スカイツリーのてっぺんからからなら、3.57×25.18=89.89km

富士山頂上からなら、3.57×61.45=219.38kmとなります。

近似計算ではなく、正式な計算式は簡単で驚きます。

高さh(m)から見渡せる距離をK(km)とすると、
Kの自乗は、h 掛ける (h+地球の直径)です。
kxk=hx(h+D)
kxk=hx(h+12,756,000)

これで計算すると、
1.6m->4.517km
634m->89.93km
3776m->219.5km

確かに近似式は、まあまあですね。