久しぶりの詩吟

5ヵ月お休みしていた詩吟教室に出かけました。

感想:
(1)吟じた終わった後、胸の上部に溜まっていた(直径50cm位の)「気」の塊を吐き出したような感じがしてスッキリしました。
先生から「気持ちよかったでしょ」と言われ、(素直に)「気持ちよかったです」と答えました。
このスッキリ感はカラオケや尺八にはないものです。

(2)「母音返し」を忘れていた。先生の吟を聞いていると文節の最後の母音が太い独特の響きになります。アッ!文節の最後では子音から母音に切り替えるんだったな、と思い出しました。それにしても先生の母音は太い声になっています。浪花節の母音のような感じなので、「浪曲子守歌」で、太い母音を練習しようかと思いました。
あごを突き出して発声している感じもする。

(3)吟譜には、|と」の音程変更記号が出てきます。先生はこれを強調して歌っていました。こんな感じ。

(4)おなかで音を切る。

(5)色々な表現法を使って味を出している。(私がやれば技巧に走ってるって言われそうですが)
「又」を「ンまた」
「さても」を「さてえも」
「が」を「ごあ」
「た」「とあ」
「君」は君を指さすように
「中断」を「ちゅうどあん」
「流れて」を「なごあれて」
「来る」を「きとある」
「酒」を「そあけ」

趣味はつながり

前期は急に木曜の授業が入り、詩吟を5か月間お休みしました。当初、休みの間には一人でも練習するだろうと思っていましたが、全く駄目でした。趣味は一人では成立しないんだな、と思いました。趣味は結局仲間を作るための手段なのかもしれないな、と思いました。
以前、テニス部の先輩に「習い事は続けなさい、やめたらそこで終わりです」と言われたことを思い出しました。

今日から、詩吟の会に復帰します。久しぶりで皆さんと会うのが楽しみです。

雨曜日

今日は秋雨前線で雨です。以前から、水曜は雨になる確率が高いと感じています。

雨の日はテニスができず、ウズウズします。これから完全定年に備え、雨の日の過ごし方を考えなくてはいけません。

(1)ジムで基礎体力作り。
(2)屋内趣味作り。(お絵かき、HAM、ミシン)
(3)何か研究開発
(4)後回しになっていた雑務の片付け

==
昨日、JR変電所操作ミスで電車ストップ。停電で電車がストップしたと聞いた時、つまらない操作ミスだろうなと思っていましたが、当たりでした。ヒューマンエラー以下の構造的ミスだと思います。

北朝鮮と米国の危険な2人は、つまらないミスで原水爆ボタンを押さないとよいのですが。危険人物が指導者になる確率は高いとようです。元々「リーダーシップ」と「異常」は紙一重なのかもしれません。

==
最近、集中すると気持ちが悪くなります。消化器系にリーダーシップが発生しているのかもしれません。

==
デスクトップに、どこかで拾った次の川柳がメモしてありました。
「遺伝子を コピーしていた 通信簿」

ガラパゴスゾウガメ

ガラ携からガラ携に機種変更をしようとしたら、(半年前まであった)ガラ携がなくなり、ガラホとスマホだけになりました、とのこと。ガラホだと月4000円位で、スマホだと月5000円位なのでスマホにすることをおススメしますとのこと。

いよいよスマホデビューかと思いましたが、今のガラ携は月約1200円です。年間で考えるとスマホが6万円でガラ携が1万5千円です。そもそも私は携帯を月2,3回しか使いません。なんだかモッタイナイ気がしてきて、今のガラ携が壊れるまで使い続けることにしました。

やがて今のガラ携が壊れると全員スマホに誘導されます。年6万円となると収入の少ない人は、電話を使えなくなる日がくることになります。

最近、色々な格安スマホが出てきているようですが、ガラ携専門の会社が出来れば、そこに移る人は多いんじゃないかと思います。

とりあえず、最後のガラパゴスゾウガメを目指して頑張ります。

パンタグラフ

パンタグラフとは電車の屋根に乗っている菱形の電気取入れ装置を言うのだと思っていました。

パンタグラフの語源は、ギリシア語の 「すべてを(パンタ) かくもの(グラフ)」に由来するそうです。
昔、子供の雑誌の付録についてきた拡大縮小器の方がイメージかと思います。

相似形を描くパンタグラフにも色々あるようです。

同じ形を描くなら次の装置でもよさそうです。
 

ちなみに英語はpantographでした。

ビンタ

私が子供の頃は、ビンタが暴力という風に捉えられていなかったと思います(男の子の教育って感じかな)。

私個人の経験としては、
(1)(理由は覚えていませんが)小学5年生の時、男子生徒5人ぐらいで先生からビンタをされました。家に帰って母や弟に面白がって話した覚えがあるので、深刻に感じたりはしませんでした。
(2)中学の時、友達とバレーボールの球を思い切り蹴上げて、どこまで高く蹴れるかを競って遊んでいたら、バレーボール部の先生に見つかりビンタされました。
バレー部の先生にとっては球は大切なものなんだろうなと反省しました。
(3)高校時代、体育の実技授業をサボって教室で野球の日本シリーズを聞いていたら体育の先生が現れ、5人ぐらいビンタされました。体育の先生は怖いなと思いました。反省しました。

私の子供時代(50年位前)、ビンタされた経験があるのは男の子の2割くらいかなと思います。高校でまでビンタされるのは1割以下だと思いますが。

私は、ヤンチャというよりどちらかというと真面目な子供だったと思いますが、調子に乗ったりふざけたりするタイプだったように思います。今も変わらないな。

過集中?

有名ミュージシャンのビンタ映像が議論になっているので、私の感想を書いてみます。

(1)あの中学生は過集中の子なのではないかと思います。
あの中学生は一見反抗的に見えますが、そうではなく過集中症で、一度ハマってしまうと集中状態から抜け出せないのではないかと思います。過集中症は天才肌の人に多いそうです。
私の推測が当たっているなら彼は合奏ではなく、ソロの方に進んだ方がよいと思います。

(2)去年、尺八の合奏の時、先生に言われたことを思い出します。
先生曰く:「この部分だけは注意して下さい。ここを間違えると曲全体が台無しになるので、自信のない人は吹かないでください」
この話を聞いて私は「ミュージシャンは音楽造りへの強いこだわりがあるんだな」と思いました。

上記2点から、有名ミュージシャンが(演奏をメチャメチャにされて)怒るのはよく分かります。ただ、有名ミュージシャンは過集中症の人が存在することに気付かなかった(知らなかった?)のではないかと思います。

マクワウリ

昨日いただいたマクワウリをご馳走になりました。

子供の頃よくマクワウリを食べましたが、最近は目にする機会がありません。懐かしい昔の味です。

マクワウリはプリンスメロンの原種のような感じで、かすかにメロンの香りがします。

==
懐かしい味で思い出しました。子供の頃近所の原っぱで「ハツタケ」というキノコを採って食べました(みそ汁に入っていたと思う)。

高齢者の趣味

野菜グループ(70代3名)と夕食 at 「和香」

印象的な話

(1)発掘に携わっている人の話。
古墳時代後期(700年頃)の石室を発掘したとのこと。石室は柏では初めてだそうです。場所は柏レッジの山の上(神社のそば)。
石室のサイズは1x2m位で深さは60cm位。ただ、かつて開発で上部が削られた可能性があり、本当の深さは分からないそうです。
写真を見せてもらいましたが、刀(大小2本)が大変良い状態で残っていて、骨もよく分かりました。埋葬されている人数は3人位、別の時期らしい。

(2)希少植物の保護ボランティアをやっている人の話。
私の「何で希少植物に惚れ込んでいるのか」という質問に対し。
元々野草が好きで、40代頃から休みの日には自転車で柏市内の野草を見て歩いていた。野草が好きなの理由は花の色で、人工には作り出せないような色をしている。特に写真で撮って拡大したりすると、ビックリするような色に出会う。花びらの形も同様で色々な形があり、何でこんな美しい形に進化したのかと考えると興味が尽きない。

私としては発掘の気持ちは分かりますが、花の方は分かりません。

野菜グループは解散していますが、私以外の3名は交流を持ち、互いの家庭菜園を訪問しあっているようです(私は飲み会のみ参加)。いつもお土産をもらう。今回はマクワ瓜と坊ちゃんカボチャ。昨年末は小玉スイカ。

ディープラーニング

最近、人工知能はディープラーニングというスーパースターの登場で盛り上がっています。本屋さんにはディープラーニングのコーナーが大きく取られ、100万円近い専用パソコンも売られています。

私は、ディープラーニングはニューラルネット系らしいということは知っていましたが、よくは知らなかったので勉強してみました。

簡単に言うと以前のニューラルネットとの大きな違いは次の2点です。
(1)神経ユニットの数と層数が増えている。
(2)画像処理用では「畳み込みネットとその学習」が提案されていた。

以前、散々ニューラルネットを研究してきた私としてはすごく意外でした。
(1)のユニット数と層数の話で言うと、ディープラーニングほど大きなネットは使いませんでしたが、経験から言ってユニット数と層数の増加が大きな効果を上げるとは思えません。
(2)の畳み込みネットは画像処理で散々やられた手法で学習法もあったのではないかと思います。

このような経験から、ディープラーニングがそんなすごい能力を持っているとはどうしても思えません。私が昔の経験に縛られているのかな?

本によると、自然言語処理やプログラムの作成などにも応用できそうな話がでていて、ホントかな?と思ってしまいます。少なくともロジカルなものは無理だと思うんですが。

ディープラーニングを半分疑い、自分を半分疑っているというのが現状です。少しいじってみようかなとも思いますが、先入観の無い若い人に任せた方がいいかなとも思います。