見通せる距離

電波の勉強をしていたら、見通せる距離の近似計算式が出てきました。

高さh(m)から見通せる距離は、大体 3.57×√hだそうです。

波打ち際に立って、目の高さが1.6mだったなら、見通せる距離(水平線)は3.57×1.265=4.516Km

スカイツリーのてっぺんからからなら、3.57×25.18=89.89km

富士山頂上からなら、3.57×61.45=219.38kmとなります。

近似計算ではなく、正式な計算式は簡単で驚きます。

高さh(m)から見渡せる距離をK(km)とすると、
Kの自乗は、h 掛ける (h+地球の直径)です。
kxk=hx(h+D)
kxk=hx(h+12,756,000)

これで計算すると、
1.6m->4.517km
634m->89.93km
3776m->219.5km

確かに近似式は、まあまあですね。

コメントは受け付けていません。