詩のこころを読む(茨木のり子著)

岩波ジュニア新書ですが、私には理解不能な詩も2割近くあって「詩って難しいんだな」と思いました。私に詩心がないのかもしれません。それでも胸を打つ詩も2割近く有って、読んで良かったなと思います。

胸を打たれた詩ではありませんが、「なるほどな」と感心した詩をあげておきます。

「生命は」(吉野弘)

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない

コメントは受け付けていません。