西鶴書きたい放題

西鶴名作選を読んでいます。まあ、色々面白おかしく書きたい放題、書いたものだと感心します。これなら売れそうだなと感心します。

(1)日本永代蔵:「どうやったらお金持ちになれるか」ということについて、数々の短編小説を用いて説明しています。今ならビジネス本。

(2)好色五人女:当時世間の関心を集めた痴情事件を脚色して小説にしたもの。今でいうワイドショーの書籍版。

(3)世間胸算用:大晦日は江戸時代の決算日で、代金を取り立てる側と、何とか逃れようとする側の、あの手この手の秘策や悪戦苦闘ぶりを描いたもの。そのまま落語になりそう。

(4)本朝二十不孝:
中国の二十四人の親孝行のパロディー版。親不孝話をあることないこと並べ、多少勧善懲悪気味に書いている。ほとんど作り話でしょう。

(5)武家義理物語:身を犠牲にしても義理を立てようとする武士の精神を描く。
例えば、光秀と結婚を約束していた娘が疱瘡で醜い顔になると娘は身を引き、代わりに妹を送り込む。しかし光秀はホクロの有無で本人でないことに気づき、醜くなっても心の美しさは変わらぬと姉をめとる。(ここで話は終わっていて、光秀は愛妻家で側室を置かなかった、という話ですが、よそに子供を作ったり、奥さんの死後最初に送り込まれた妹と結婚したりしているみたいです)

そうそう、西鶴は登場人物を心中などでやたら簡単に殺して、致死率は相当高いと思われます。

コメントは受け付けていません。