新フェーズ

コロナ病が爆発フェーズに入ったようです。私の関係者が通っていた病院でも医療関係者がコロナに感染したようです。

私も明日尺八で東京へ行くし、呼吸器が弱い、白血球が少なく免疫力が弱い、高齢、という状況なので、突然この書き込みが終わっても不思議はないなと思っています。まあ、初期の第一希望寿命をクリヤしているので、醜い命乞いはしないようにと思っています。
それでも、新幹線等に乗っての旅行は控えようと思いますから、観光業界の打撃は大きそうですね。

停泊中の大型船のコロナ対応について海外から批判されているそうですが、日本国内に3千人も収容できるスペースはなかっただろうし、やむを得なかったと思います。アメリカがやったように各国が専用機を用意して帰国させるのが一番だと思います。

==
西鶴名作集という本を図書館で借りてきました。
「分かり易いな」と思って読んでいたら、少年少女向けの本でした。
その中で「日本永代蔵」からの面白い話を紹介します。

(1)旦那が借金を残して亡くなった時の話:
いよいよ生活に困った奥さんは、それまで住んでいた家が当たる1万円の宝くじを発売しました。
そのくじは3千枚売れました。当選者は他の家の下働きの女でした。くじを売った後家さんは3千万円儲けて借金を返して余りがあり、下働きの女は1万円で家を手にいれた、という話です。

(2)同じ話の中に、婿選びの話が出てきます。
婿を選ぶ時、男前で商売ができ、世間にも通じ、親孝行、などと理想を求めるが、そんな男を選ぶとかえって大きな苦労を背負うことになる。背が低かろうが禿だろうが外見には目をつぶり、親からの財産を減らさない男ならそれを選べ、という話。

私が実際に聞いたことのある話でも、親の選んだ結婚相手について、親が「この男はブ男だから女で問題が起こることはないからいい」と言ったという話を聞いたことがあります。
また、奥さんの浮気で破たんした家庭の旦那の親は「美人の嫁はダメだ」と言ったという話も聞きました。
どうしても外見に惑わされるのは理解できますけどね。

コメントは受け付けていません。