さらしを一本切る

youtubeで昔懐かしい「弁天小僧」という曲を聞いたら、「さらしは一本切ってきた」という文句がありどういう意味かと調べたら次のように書いてありました。

==
昔の六尺ふんどしは、さらしの布を切って作りました。
武士が合戦などに望むときは、いつ死んでも恥ずかしくないようにふんどしも新しいきれいな物を締めるのが心得です。
そこから、晒しを切って来た=いつでも死ぬ覚悟が出来ている、という意味になりました。
==

これで昔義理の父が言っていた話を思い出しました。
「戦争で、突撃することが分かった時は、撃たれて死んでもみっともなくないように、ふんどしをきれいなものにした」そうです。
今でも死を覚悟した時は新しいパンツにはき替えるでしょうね。人間ドックに行く時でさえ、何かあったらいけないので新しいパンツをはいていきますから。

コメントは受け付けていません。