一茶双樹記念館

一昨日、流山にある一茶双樹記念館へ行ってきました。
江戸時代、流山はミリンの町だったそうで、ミリン御殿(秋元家)の奥座敷が再現されています。
3つのお座敷と枯山水の庭。さほど大きくはないが、かえって落ち着きます。他のお客さんがいなかったせいで、自分の家のような感じでみどりの風を受けながらリラックスできました。

昔何度も一茶が寄られたそうで、一茶の句が沢山飾ってありました。
一茶といえば、
やせ蛙負けるな一茶これにあり
とか
大根引き大根で道を教えけり
のようなユーモアのある句を思い出しますが、ちょっとロマンチックなのもありました。

我星はどこに旅寝や天の川
〈天の川の中に自分の星もいるにちがいない。そいつは今どのあたりで旅寝しているのかな、ってところかしら〉

コメントは受け付けていません。