下肢静脈瘤

5年位前に下肢静脈瘤を診てもらうと、
「この分野の医療技術は日進月歩なので、生活に支障がなければ放っておいてはどうか」と言われました。
当時の手術は、ストリッピング(1週間入院)からレーザー(日帰り)への移行期でした。レーザー治療をする病院がまだ少なく、手術は待ち1年でした。

1年前に、足がしびれる感じがしたので、また下肢静脈瘤を診てもらいました。
お医者さんは、(わたしが手術を逃げたがっているのを察し)「湿疹ができるようになったら、諦めて手術して下さい」と言われました。レーザー手術をする病院が増え、手術待ちは1、2か月程度でした。

昨日テレビを見ていたら、東京血管外科クリニックのスーパーグルーという新しい手術法が紹介されていました。この方がレーザーより楽なようです。湿疹ができているわけではないのですが、醜いので来年非常勤講師の仕事が終わったら、この方法を試してみようかと思いました。

コメントは受け付けていません。