色々な禅

坐禅(ざぜん、座禅とも)とは、姿勢を正して坐った状態で精神統一を行う、禅の基本的な修行法。

歩行禅:ひたすら無の境地で歩く。歩くのは座禅しているのと似ており、脳のメンテナンスができ、心と頭がスッキリする。

立禅:両足を肩幅ぐらいに広げて立ち、足の中央に体重が乗るように調整し、ひざを少し曲げる。そのまま5分~40分ほど行う。

吹禅: 一管の竹(尺八)に息を吹き込むことに意識を集中することで、普段意識していない呼吸の 「吸う」 「吐く」 「止める」 の三原則を再認識をする。それに伴ってあらわれる「音」が「禅の音」であり、やがて吹禅の境地に至る。

==
昨日の夕方、ストレッチ。筋膜の硬直が少し和らぐ。
今日は、我が家に台風がやってくる(筋膜がまた硬直しそう、修行と思うしかない)。

コメントは受け付けていません。