インド「風の宮殿」

約10kmの赤い城壁に囲まれたジャイプールの旧市街は、ピンクシティとも呼ばれています。
数あるピンク色の建造物のなかにあって、出色の存在が、この「風の宮殿」です。 1799年、この街を治めていたラージプートの王サワーイー・プラタープ・シングによって建てられました。

ピンク色をした砂岩を外壁に用いた5階建ての建造物で、953の小窓が通りに面しています。芝居の書き割りのような、薄っぺらで華麗な建物です(ビン坊ちゃまの服みたいなイメージ)。この小窓から宮廷の女性たちが自らの姿を外から見られることなく、街の様子を見たり、祭を見て楽しむことができるようになっていました。

==
60代後半は疲れる。朝、「ああ疲れた」と言って起きだします。2度寝すると、「ああ、よく寝た」って感じです。
昨日、平木敬さん(東大のお茶の水博士)の最終講義の案内が流れてきました。「彼も定年か、早いもんだな」と思いました。研究所時代、同じ研究室でしたが「飛びぬけて優秀で、いいものを見せてもらった、って感じでした」。

コメントは受け付けていません。