インド3

クトゥブ・ミナール
クトゥブ・ミナールはさまざまな遺跡で構成された世界である。
クトゥブ・ミナールのミナールは塔を意味する。

この塔は、奴隷王朝の王アイバクによって13世紀に建てられた。奴隷王朝というのは、これらの王が奴隷階級出身だったことに由来する。アイバク自体は中央アジアの出身だったが、流れ流れてデリーの王となった。
(塔の高さは72・5メートル。建設当時の高さは100メートルを超えていたとされている。主に、赤砂岩によって構成されている。夕暮れの光を受けるととくに美しい。)

==
2/26:お遊戯会見学の予定が演者インフルのため中止。疲れがたまっていたので助かった。
このところテレビで引っ切り無しに金正男事件の話を放送していて、日本のテレビ局の執拗さは異常な感じ。

コメントは受け付けていません。