太白(たいはく)と乾坤(けんこん)

今日は詩吟教室で、次の2つの意味を知りました。

(1)(和製)漢詩に「太白 船に当たって 明るきこと月に似たり」というのが出てきました。
「太白」とは金星のことです。
その他、「太白」には「精製した真っ白な砂糖」という意味もあるそうです。
(ゴマ油ではないので、要注意です)

(2)乾坤(けんこん)
乾坤一擲(けんこんいってき)というのは聞いたことがありますが、意味を知りませんでした。
乾坤一擲とは。運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること。直訳は、天下をかけて一度さいころを投げる意。▽「乾」は天、「坤」は地の意。「一擲」はひとたび投げること。

==
その他、(和製)漢詩「九段の桜」のところに出ていた、ちょっと目頭が熱くなる短歌。
靖国(やすくに)の 宮(みや)に御霊(みたま)は 鎮(しず)まるも
おりおり帰(かえ)れ 母(はは)の夢路(ゆめじ)に

==
今日は久しぶりでテニスをしました(膝が不安でしばらく休んでいた)。とても、とても、嬉しかった。              

コメントは受け付けていません。