飲み

今日は、金子先生、小林先生、塚田先生、と上野(竈屋)で飲む。
小林先生は、知り合いから送られてくる数学の問題を解いて、論文を書かれているそうです(レジェンドですね)。風貌が、「三丁目の夕日」の人にかなり似てきていました。
金子先生は、春夏秋冬の季節ごとに読む本を決めていて毎年同じ本を読まれるそうです。春は、新古今和歌集と解析学の本、夏は道元の本を原文で読まれるそうです。道元の本は 『正法眼蔵』(しょうぼうげんぞう)の解説とかおっしゃっていました。私も来年の夏にでも読んでみましょう。秋冬の本は今度聞いておきます。

気分良く帰宅したら先日の日帰り人間ドックの結果が送られてきていて、楽勝だろうと見てみると、総ビリルビンの数値が高いとか、肺に炎症の痕跡があるとか、軽い不整脈が有るとか書かれていて、酔いがが一気に覚めました。調べれば調べるほどボロが出てきます。何しろ故障はモグラ叩き状態で、次に何が顔を出すのか予測がつきません。

コメントは受け付けていません。