コッホとコレラ菌

昨日、非常勤室でエボラ出血熱の話をしている時、化学の先生から聞いた話。
コッホは、コレラが細菌によって引き起こされることを発見したそうです。
これに対し、「細菌によるものではない」と主張する大御所(ライバル?)がいて、その大御所は細菌によるものではないことを証明するため、自分の弟子と2人でコレラ菌の入ったものを飲んでみせたそうです。すると、大御所はコレラにならなかったのですが、弟子はコレラにかかり亡くなってしまったそうです。
弟子は気の毒ですね。よい師にめぐり合うことは重要です。
化学の先生は、大御所は胃酸が強かったのだろうと言われていました。

コメントは受け付けていません。