指標

竹内まりやさんの「静かなレジェンド」には、「夢追い続けてきた人や」「険しい道選んだ人達」が私達の「指標になる」という文句がでてきます。

今まで「人生の指標」なんて考えたことはなかったのですが、最近よく分かる気がします。

詩吟では高音を頑張って維持する必要があります。詩吟を伴奏なしで歌って録音して聞くと、後半には音程が下がって聞けたものではありません。ところが伴奏(指標)があるとガンバリ続けることができます。

人生、ついつい甘い方に流れてしまうので、指標が必要です。トップアスリートとかトップサイエンティストは我々の指標なのか、すごい人達なんだな、と思います。

私は柏スタジアムに黄色いシャツを着て応援にいく集団とよく遭遇します。「ガンバレガンバレと応援するのは楽で、頑張らなきゃいけないのは自分だろ」と思って見ていたのですが、応援は人生の指標を確認にいくことだと考えれば、黄色の集団は笑点の黄色ではなく黄色い法衣を着た修行僧にも見えてきます。応援は自分の指標を確認に行くストイックな行為だったようです。

コメントは受け付けていません。