失意落胆

「得意淡然」(とくいたんぜん)・「失意泰然」(しついたいぜん)という言葉があります。

「得意のときに驕(おご)り高ぶることなく、失意の時にはゆったりと構えていなさい」というような意味ですね。

今日午前中テニスをやって2連敗で帰ってきました。テニスは遊びだと分かっているのですが、夕方でもイマイチ気分がスッキリしません。負けた相手や負け方にもよるのですが、「失意泰然」とは程遠い自分に驚かされます。

でも、テニスが面白いのは、「ここ」でもあるんですよね。よ~し、「明日は頑張るぞ」、とか、「どこが悪かったのかな」、なんて考えて進歩があるんです。
「失意落胆」も捨てたものではありません。

===
先日の椎の木会の写真が届きました。

===
最近竹内マリアさんの「静かな伝説」初めて聴きましたが、いい曲ですね。特に
youtubeの(http://www.youtube.com/watch?v=J3oinxvO_Uo)は画像がいいですよ。
上村愛子さんの涙目の写真を見ると、チョットきます。

コメントは受け付けていません。