伝承民話

百分で名著「遠野(とおの)物語」

ザシキワラシに代表される遠野に伝わる伝承民話をまとめたもの。
著者である柳田国男の言葉:
「うずもれてしまって一生を終るであろう、犯罪もしなければ良いこともしない人が、
ただなんとなく息吸っていくのを惜しがって、それに関する知識を残そうとしたのがフォークロア(民俗学・伝承民話)という言葉なんです」

テレビでよく「花は咲く」という歌が流れます。いい歌だと思いますが一点「私は何を残しただろ」という部分があり、ここが引っかかります。「何も残す必要なんかないじゃないか」と思うのですが、柳田の言葉の「残そうとした」の「残す」は微妙に意味が違って、受け入れられます。

さて、私たちが未来に残せる民話は何だろう、と考えると、
(1)(明治から昭和に続く)戦争の愚かさ
(2)津波から学んだ、人間中心の考え方の視野の狭さ、
あたりが思いつきます。
(信仰に代表される)信念の危うさ、立場による正義の逆転、なんかがテーマになり得ますね。
==

今日は、右手首が少し腫れていて痛いためテニスはお休み。

コメントは受け付けていません。