TFCC損傷

右手首の痛みを無視して、「なきもの」にしてしまおうとしていましたが、誤って腫れを見てしまい、無視できなくなって昨日整形外科へ行ってきました。

結果は「TFCC損傷」だそうで、釣りでルアーを遠くに投げる人や太鼓をたたく人がよくなるんです、とのことでしたが、ネットを見るとテニスでなる人が多いことが分りました。

直接の原因はテニスですが、私の尺骨は普通の人より長く(図の赤線)、これがAの骨とぶつかるためとの説明を受けました。
でも、ネットによるとTFCCは靭帯で、これが切れたりするような話もでていました。

本格的な治療法は、尺骨を切って短くするものだそうで、「簡単な手術です」とのことでしたが、「肉を切らせて骨を断つ」という言葉があり、骨を切られたら終わりだろ、ということでお断りしてきました。

***
【「肉を切らせて骨を断つ」の意味】 自分の肉を切らせておいて、相手の骨を切るという意味から、自分自身も傷つく覚悟をして、相手により大きな打撃を与えることのたとえ。
***

とりあえず、サポータを買ってつけることにしました。

ネット情報では、結構手術をしている人もいるようで、皆さん勇敢なんだなと思いました。

==
テニスのやり過ぎ、と言われてしまえば二の句が継げませんが、次の原因が考えられます。(1)肩を負傷してから、肩をかばうようにサービスを打つので手首に負担がくる。
(2)ストローク中心からボレー中心のテニススタイルに変えたため、手首のショックが大きい。
(3)若い人のようにドライブをボールを打とうと完全なオープンフォームでボールをヒットするようにした。
==
まあ、またしばらくテニスお休みですね。直ればいいんですが、寄る年波には勝てない。

コメントは受け付けていません。