ハンド

アジアカップ中国戦で、岩清水選手が中島選手を泣かせたハンドについて、サッカーの先生に聞いてきました。

故意でなくても、胴体から(脇が開いて)離れた腕にボールが当たってボールの軌跡が変わるとハンドになるそうです。
ただ、それがペナルティーエリア内か外かで大違いで、ペナルティーエリア外では大目に見られますが、
ペナルティーエリア内では腕が胴体に付いていても場合によってはハンドになるそうです。
今回の中島選手の場合、腕が体から離れていて、ボールの軌跡も変わったようなので、ハンドになっておかしくないそうです。

新しい作戦として、ペナルティーエリア内ではゴールを狙わず、相手チームの選手の腕を狙って蹴る、ってのはどうでしょう?ゴールへのシュートのようなスピードは必要ありませんのでコントロール重視でいけます。

==
日曜に柏の葉公園に行ってきました。サツキ展とローズガーデンを見てきました。綺麗ですが、これだけにするのは大変だろうなと思いました。

コメントは受け付けていません。