詩吟難(含む訂正)

詩吟教室では発声のキーを「水一本、一本、二本」と数え、今、男性は「一本」のレベルで練習しています。

「一本」ってどの音域なのかネットで調べてみたら、周波数440Hzから始まる図の「ミファラシド」と書いた部分でした。

一方、Rolandの「ボーカルトレーナー(VT12)」を購入し、音程(ピッチ)の確認をすると共に、「音階&リズム測定ソフト Pitch&Rhythm Monitor」をダウンロードし、発声周波数の確認をしました。

(VT12は、音程を表示してくれますが、周波数を出してくれないので、オクターブ違いの音程が同じ場所に表示され区別がつきません。そのため、Pitch&Rhythm Monitorで音の高さを確認しました)

(問題点1)私の(かなり頑張った)音域は図の灰色の部分で、「一本」の基本音域とかすりもしません。
「水1本」では半音低くなりますが、とてもそんなもんじゃとても追いつきません。

(図のオレンジ色の線は、VT12が発声する音域。VT12は音程検出だけでなく音も出る)

(問題点2)私の脳は、オクターブ違いを検出できない。
VT12から音が出て、それと同じ音程の声を私が出したつもりで、周波数を見ると1オクターブ低い声を出していることが分りました。

こんな人が、詩吟を続けて大丈夫なのか今度先生に聞いてみます。
====
訂正(2014/10/22):上の「一本の音階」で描いた黄色い線は1オクターブ低い方にシフトすべきでした。2014/10/22をご覧ください。

コメントは受け付けていません。