名誉・・・

「名誉~」と聞くと、「名誉に執着している・・・」といったイメージがあり、名誉教授を固辞される先生もいらっしゃいます。私も少し迷ったのですが、有難い面もあるので、流れに逆らわず、いただいてきました。

名誉教授を簡単に紹介しますと、(大学によって違うと思いますが)東邦大学の場合、15年以上在職し、それなりの役職(雑用?)をやり、学科の推薦を受けて、教授会での投票をパスすればいただけます。
報酬は、ありませんが、大学時代のメールアドレスが使え、図書館を利用できます。特にメールアドレスを使い続けることができることは、非常勤の際の学生とのメールのやりとりに大変便利です。
この他、私は中学の教科書の監修をやっていて、教科書に名前が載るので、その時肩書きが有ったほうが、(他の人は有るので)座りが良いということがあります。
そんなところでしょうか。

===
今日は、午後から雨が本降りになりましたが、フットサルの人たちは雨の中で元気に練習していました。若いっていいですね。

コメントは受け付けていません。