春昼

春昼(泉鏡花)

読み終わりました。原文で読むと、自分の理解が正しいのか少し不安。
文は美しいと思いますが、2つの疑問が残りました。
(1)両想いの2人。男性が女性に魅かれていく様子は分かりましたが、女性が男性に魅かれていく動機が分かりません。
(2)最後、縁もゆかりもない子供が道連れになる理由がわかりません。

昨日、図書館に泉鏡花の2冊の本を返し、「太陽系大図鑑」と「インドの数学」という本を借りてきました。
・土星の環の厚さは数メートルから数十メートルだそうです。よく光を反射することにより、地球からでも見えるんですね。

今回の風邪で行った(大きな)名戸谷病院でクラスターが発生したそうです。近くのかかりつけでも何かあったようだし、医者にかかるのもためらってしまいますね。

コメントは受け付けていません。