ホルモン療法

今朝のラジオの(極端な)要約。

ある内科の女医さんは若い頃.40代50代の女性の患者が来ると、「また面倒な患者が来た」と思ったそうです。40代50代の女性の患者の多くは.肩がこるとか腰が痛いとか頭が痛いとか、内科と直接関係ない症状を訴えるそうです。そこで、当時は別の科を紹介したりしていたそうです。
ところが、その女医さんが50代になると、集中して患者の話を聞けなかったり.以前40代50代の女性の患者が訴えていたような状況に陥ったそうです。当初、それは忙しさのせいだろうと思っていましたが、偶然飲んだ女性ホルモンの薬で様々な症状が雲散霧消したそうです。
そこで、40代50代の女性の患者に関しては女性ホルモンの低下を常に頭に置かなくてはいけないと気付いたそうです。

これをお読みの方でも、もし思い当たることがあったら更年期を疑って、専門のお医者さんに行くことを薦めます。

また男性に関しても以前テレビで男性ホルモンの急激な低下が急激な老衰を引き起こすという話をやっていました。そんな時男性は何科を受診すればいいなかしらね?

コメントは受け付けていません。