AIの将来

「2045年問題」というのがあり、これは2045年にはAIが人間を超えるという話のようです。そこでは、AIが自らAIを再設計してさらに高度なAIを生み出すようです。

最近、著名人(2名)のAI観を拝聴しました。おふた方ともAIに大きな期待を寄せていますが、多少コメントもあるようです。

(1)深夜便で甘利先生が次のように言われていました。
AIは蓄積された沢山のデータを元に将来を予測するのは得意だが、様々な現象の本質は何かを探す知的好奇心はないし、心を通い合わせて社会と調和するような能力は持っていない。

(2)ホーキング博士の「ビッグクエスチョン」の中で:
AIが自らを再設計するようになると意志を持つようになり、そのスーパーインテリジェントAIの目標が我々の目標と異なり、人間の能力を超えたものだったりすると、人間にとっては危険な存在になる可能性がある。

(極端なケースは、新AIが「このまま人類を放っておくと地球が金星化してしまう、人類を何とかしなくては」、とかではないかと思います)

上の2名のコメントは、短期的将来イメージか長期的将来イメージかの違いかもしれません。

私のAI観は:当然、期待も大きいが、のですが、
(a)2045年頃には人間の仕事のほとんどをAIが行うようになるだろうから、その時人間はどうなるのかな?
上司はコンピュータとか、人は皆フリーター、とかになりはしないかな?
(b)悪用されるだろうな。軍事利用、世論操作、人間監視、など。
(c)今、エキスパートと呼ばれている仕事が真っ先にAIに置き換わりそう。例えば、通訳、法律家、医者、科学者、芸術家、など。

コメントは受け付けていません。