今朝、雷雨がありました。
鉄筋の建物の中から見る雷は美しくて音もダイナミックで大好きです。
一戸建ての家での雷は、落ちてきやしないかと不安でした。

蚊帳に入るといいという話を聞いたことがあり、迷信だろうと思っていました。
ところが実際に雷が家に落ち、火の玉が蚊帳の周りをころげ回ったという信頼できる人からの話を聞いて以来、そんなこともあるのかな、と思っています。

また、庭の高い杉の木に落ちたのを見た人の話も聞きたことがあります。その人によると木の周りの地面は金色に光り、幹には太い爪で引っ搔いたような傷が残ったそうです。

クワバラクワバラ(雷よけのおまじない)

そういえば、大学院の頃高電圧実験というのがあり、人工的に雷を発生させる実験は怖かった。2階建て位の高さの蓄電装置に高電圧を蓄え、1m位の距離を放電させます(落雷のような音が出る)。実験者は小部屋に入って実験を制御しますが、小部屋の隅の方でもバチバチと放電が起こり電光の筋が見えたりして人間に放電されるとヤバいなと思いました。

コメントは受け付けていません。