受賞

分刻みで各テレビ局の同じような質問を受け続けている大隅先生を見ていると気の毒になります。
若い人たちがノーベル賞の刺激を受けてやる気を出してくれるのは大変良いことですが、私の年代になると賞があまり意味を持たなくなってきます。
ですから大隅先生も若い人が思う程は喜んでいないし有頂天になっていないと思います。
賞をもらったからといって自分の中身が変わるわけではありませんので、ちょっと立派な服を着せられてしまったという感じではないかと思います。何だか堅苦しくて、もっと楽な格好で過ごしたいと思ってるんじゃないかな。

私達の年代になると、もうそんなに時間が残ってないんです。ですから時間が最も大切で、マスコミに振り回される時間を惜しく感じるだろうなと思います。「何かを取れば何かを失うフェーズ」に入っています。

早くお好きな研究生活に戻れるといいなと思います。

コメントは受け付けていません。