わかれ

30日小田原城、熱海
31日伊豆大島

大島から東京へ向かうジェット高速船の出発時の話。

埠頭に50人位の見送りの人達がいました。乗客が乗り終わると、見送りの人達が5つ位(幅30cm、長さ2m位)横断幕を広げました。
そこには、さよならとか、飲みすぎないようにとか、お別れのメッセージが書かれていて、端の方に教職員一同と小さく書かれていました。
3月31日なので、島を離れる先生を見送りにきたのだな、と思いました。

高速船は全員着席しシートベルトを着用しないと動き出せないので、客は全員船内にいます。誰が見送られているのかな、と思ったら30代後半位の女性が室内で大きく手を上げて手を振っていました。

さて、船が動き出しました。スピードは意外と速く、さすが高速船です。すると見送りの人達の中から女の子(5年生くらい)が船と並走して埠頭上を走りだし、続いて男の子達(中学生くらい)も一斉に手を振りながら走り出しました(総勢20人位)。埠頭の長さは200m位で、船はどんどんスピードを上げ、100m位で女の子は追い付かなくなり、男の子達は女の子を追い越し埠頭の端まで手を振りながら追いかけます。埠頭から落っこちやしないかとハラハラする位でした。最後、埠頭の端でみんな手を振って見送っていました。
(映画の一シーンを観ているみたいでした)

こんなに皆に慕われてた先生なんだな、と目頭が熱くなりました。

コメントは受け付けていません。