電脳作家

つい先日、「50年後にはコンピュータが芥川賞をとるんじゃないか」と9割冗談で書いたのですが、昨日の新聞によると既にコンピュータの作ったSFが星新一賞に何件も応募し、そのうちの一つは内部選考プロセスをいくつかパスしたそうです。

このところのAIの進出は目覚ましいですね。一時は役に立たないお遊びと馬鹿にされてた時期もあるんですが。多分、大容量のメモリが安く手に入るようになり、大量丸暗記方式が使えるようになってきたせいじゃないかと思います。

囲碁プログラムは、コンピュータ内で自己対決をどんどん繰り返して能力を高めていったと聞いています。

コンピュータが小説を書くということは、コンピュータに人間の感情を教え込んでいるはずなので、どんどん感情の自己学習をするようにプログラムしてあると、やがてコンピュータが自分の感情を持つんじゃないかと心配になりますね。
「もう今日は疲れたから、電源を切ります」なんて言い出すかも。

今日は夕方テニス。

コメントは受け付けていません。