新聞の広告

我が家の新聞が今月から朝日に変わりました(先月まで毎日)。変更は女房がやったので、多分販売店のプレゼント攻勢に負けたのではないかと思っています。新聞販売店が読者獲得のために配るプレゼント代は元を辿れば新聞社から出ているのでしょうから、公正でなければいけない新聞社がこんなことをしてよいのかなと昔から思っています。

10年ぶり位で朝日に戻って気付いたことは、広告の多さです。
6月1日、38ページ中12ページが全面広告、
6月2日、40ページ中18ページが全面広告、
6月3日、40ページ中14ページが全面広告、で全面広告のページが約35%です。
普通のページも、ほとんどが1/3位広告に使われているので、トータルすると広告が紙面の50%以上になります。
ここまでくると、新聞記事を買っているのか、広告を買っているのか分らなくなります。新聞の存在意義がなくなってきている、といことなのかもしれませんね。若い人が新聞を取らなくなってきているというのが分かる気がします。

ちなみに毎日を見てみると、30ページ中5,6ページが全面広告(約20%)でした。

コメントは受け付けていません。