結婚式でのこと

(1)結婚式出席と旅行を兼ねたため混乱し、招待状を忘れて出発してしまいました。式場は新前橋の駅前ということしか覚えていなかったため、高崎駅のインフォメーションで「新前橋の駅前のホテル」を調べてもらいました。 案内の女性が「~らしいね」と言ったので、それらしいホテルが見つかったのだと少し安心しました。その女性がメモを書いてくれたのを見てビックリ「~ラシーネ」というのがホテルの名前でした。「ラシーネ」とはフラン語で「根っこ」という意味だそうです。

(2)結婚式は教会でした。少なくとも新郎の実家は神道なので、「アーメン」と言ったり、「アベマリア」の歌が流れたり、讃美歌を歌ったりすると、「いつの間に改宗したんだ」って感じです。 極めつけは「新婦ベールを開けてのキス」です。「人前でキスをする習慣は日本にはないだろ!」って感じです。新婦がウットリ目つぶる所なんかあまり見たい絵ではありません。

(3)披露宴での新婦の友人の挨拶には少し感動しました。
「私は中学の頃から新婦の家へよく遊びに行き、絵などを一緒に描いたりしました。ある時、新婦が「私って友達いないのよね」と言いました。私は新婦が求めている友達とは、レベルの高いものなのだと思い、ちょっとさびしい気持ちになりました。(月日が流れ)
今回、私に友人代表として挨拶してくれないかという話をもらった時は、涙が出るほどうれしく思いました。」

コメントは受け付けていません。