凸レンズの実像

またレンズの話ですみません。

9/6に、次の話が正しいことを示しました。
「 虫眼鏡を手に持ち、手を伸ばして、遠くの景色を見てください。逆さになった像が見えますね。それが実像です。  」

それでも、レンズに映る遠景はレンズに貼りついて見えることに変わりはありませんでした。

そこで、実像がレンズの手前に出来ていることを実感したいと思い、色々やってきて、やっとその方法を発見しました。

次の図が、今回発見した「レンズの手前の実像を見る方法」です。

step1: 虫眼鏡を手に持ち、手を伸ばして、遠くの景色を見る。 (今回の実験では3,4m先のものの時、見やすかった)

step2:(左目を閉じて)右目だけで対象物を見た時レンズの左の方に対象物が見え、

(頭と腕を動かさずに)

step3:(右目を閉じて)左目だけで対象物を見た時レンズの右の方に対象物が見える位置にレンズをもっていく。
(要するに、どちらの目にも対象物が見える位置にレンズをもっていく)

step4:両目を開いて、レンズ上の左右に見える対象物が1つに重なるよう、目の焦点を色々変えてみる。

step5:レンズの手前10cm位に焦点を合わせると左右の目の対象物が重なり、実像を見ることができる。

(空中に出来ている像が見えると少し感動します)

凸レンズの実像” への2件のコメント

  1. 両目で観ているから立体視(3D映画と同じ)できているだけではないか? より:

    両目で観ているから立体視(3D映画と同じ)できているだけではないか?

  2. コメントありがとうございます。(私の認識が間違っていたのかもしれませんが)私は、スクリーンが無いと像はできないと思っていました。ところが、上の実験ではスクリーンの無い空中に像ができていて驚きました。ご指摘の3D映画の場合、スクリーン上に左目用と右目用の画像を映しています。そのため、スクリーンのない空中に画像を作るのとは、ちょっと違うのではないかと思っています。このあたり興味がありますので、私が間違えているようでしたら、遠慮なく教えてください。よろしくお願いいたします。