クラウド違い

最近よく「クラウドコンピューティング」と「クラウドソーシング」という言葉を耳にします。

クラウドコンピューティングとは、インターネット上の計算資源を使う計算処理です。

これに対し、クラウドソーシングとはインターネットを利用して社外の「不特定多数」の人に業務を外注するものです。

私は、上の2つの「クラウド」は、インターネット関連の話なので両方共「雲」の意味の「cloud」だと思っていました。 ところがクラウドソーシングのクラウドは「群衆」の意味の「crowd」だそうです。
RとLの区別がつかないせいか、紛らわしいですね。

最近、the middle ages(中世) と middle age(中年) の違いも学びました。
英語は難しいですね。

コメントは受け付けていません。