アメリカ最初の女性消防士

モーリーはボランティア消防団員の家で働き、消防士の食事の世話などをしていた黒人女性。
ある雪の日、ニューヨークで大火事が発生したが、男たちはインフルエンザで寝込んでいた。
モーリーは知らず知らずのうちに消防器具の使い方を覚えていたので、重いポンプ車を運び、燃え盛る火の中で勇敢に消火にあたった。
消防団の男たちは彼女の働きに敬意を表し、消防団員に迎え入れた。

コメントは受け付けていません。