チェンジザワールド(世界を変えた14人の女性達)

(落合恵子推薦絵本)
世界を変えた女性というので、マザーテレサとかキュリー夫人とかノーベル賞を取ったような人の話かなと思ったら、割と身近な市井の人たちがメインの話でした。

(1)1880年代、モーリー・ウイリアムズ、アメリカ最初の女性消防士
(2)1821年、メアリー・アニング、化石発掘(13歳の時、イクチオサウルスの化石発見)
(3)1890年、ネリー・ブライ、72日間世界一周(25歳)
(4)1907or8,、アネット・ケラーマン、現代風水着を考案
(5)1921年、プーラ・ベルプレ、プエルトリコ出身の図書館司書
(6)1939年、フリーダ・カーロ、メキシコ人画家の絵がルーブルに売れる
(7)1943年、ニアン姉妹、英国の女性スパイ姉妹パリに潜入
(8)1960年、ルビー・ブリッジズ、黒人の少女が白人の小学校に入学
(9)1871年、フランシス・ラッペ、食糧不足による飢餓問題を解決する提案
(10)1981年、マヤ・リン、ベトナム戦争慰霊碑に中国系アメリカ人のデザインが選ばれる
(11)1992年、メイ・ジミソン、アフリカ系アメリカ人の宇宙飛行士
(12)2011年、アンジェラ・チャン、ガン治療のためのナノ粒子を考案(17歳)
(13)2014年、マララ・ユサフザイ、教育活動家、最年少のノーベル平和賞受賞者(17歳)

この本が出版された後だと「グレタ・トゥーンベリ」さんがいますね。
この本の中の名言:「失敗とはチャンスが姿を変えたもの」

コメントは受け付けていません。