お花見4

昨日:

利根町、桜堤

宮の森公園(我孫子市、布佐)

天気は、どうやら明日までらしいので、今日は父を車に乗せて手賀沼沿い桜見物の予定。
来月11日夜、テニス部役員会納会が予定されていて参加でお願いしたが、小池知事の自粛要請もあり欠席に変更しようかなと思う。

数日前の明け方、ラジオを点けると「絶望名言」というコーナーをやっていました。初めて聞くコーナーで、しかも聞いたのは最後の方だけなのでどんなコーナーなのかはっきりは分かりませんでしたが、若くして結核で亡くなった梶井基次郎(檸檬の著者)や滝廉太郎など文芸人の思いなどを紹介していました。
死を目前にした絶望のイメージは暗く辛く「考えたくない!」と思考を停止しました。希望の無い絶望って辛いだろうなと思い、終末期にキリスト教の洗礼を受ける人の気持ちが分かります。
この中で、23歳で亡くなった滝廉太郎の絶筆「憾(うらみ)」という曲を紹介していました(良い曲です、ちょっと辛いけど)。
「絶望名言」のホームページを見ると、絶望名言を紹介していて、意外に明るい番組なのかなと思いました。
絶望名言(byカフカ)
将来にむかって歩くことは、ぼくにはできません。
将来にむかってつまずくこと、これはできます。
いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。

コメントは受け付けていません。