貧乏性

地方へ行くと時間がゆっくり流れているのを感じ、「いいな」と思うことはあります。それなら時間が自由な今、ゆっくり生きたらよさそうなものですが、習い性となってしまっているのかセカセカと忙しくしていないと落ち着きません。
やりたいことが沢山有って、ゆっくりなんてしてられないんです。

別荘でゆっくりしたいなんて思わないので別荘を持っている人をうらやましいと思いません。
大型クルーズ船での船旅も行ってみたいと思いません。ゆっくり海を見るのも1時間で十分ですし。

このセッカチさ(貧乏性?)がスローライフにあこがれる女房との性格の不一致となってトラブルの原因になります。

昨日昼食をご一緒した先生は、「世の中では、老後の一人暮らしは寂しいって言うけれど、実際は楽でいいんじゃないかと思っている」と言われてました。よく分かります。

コメントは受け付けていません。