人間の限界

人間の食べる量には限界があり、いくらでも食べられるものではない。限界を超えれば体を壊す。

テニスもやり過ぎれば体を壊す。

収入に対する人間の限界ってのはないのかな?
年収何十億とかいうと、人間のどこか壊れてもおかしくない気がしますね。

年収が異常に高いということは、誰かの犠牲の上に成り立っているのだから、犠牲者の恨みの念を受けるなんて話もあるかな?

私のような小市民のつましい生活でも、少し調子に乗りすぎると落とし穴が待っていたりするからな(器の小さな話ですね)。

家康によれば、「及ばざるは過ぎたるに勝れり」。

まとまりがないまま終了します。

コメントは受け付けていません。