別荘

昨日梅雨明け宣言がでました。カラツユで、7/5にはすでに明けていたようです。
暑さが本格化すると、夏の3か月は高原の別荘で、冬の3か月は暖かい所の別荘で過ごせたらいいな、なんて思います。
実際、高原に別荘を持っている先生を何人も知っています。
昨日、ある先生が(半分冗談で)嬬恋村の別荘を使っていいですよ、という話をされました。その先生は年に何日もそこに行かないそうです。
私は一瞬、夏の間1か月くらいそこで過ごせるといいなと思いました。
でも、すぐに色々なことが頭をよぎりました。テニスの友達はいないし、尺八や詩吟のレッスンも受けられないし、リズムエクサも出来ない。やっぱり、長期間滞在は無理だな、と。

昔、軽井沢に別荘を持っている知り合いが、「別荘はメインテナンスに時間とお金がかかり大変です」と言っていました。
越後湯沢あたりではリゾートマンションが10万円台で沢山売りに出ています。

やっぱり、常時住まない家を持つことは「矩を踰えてる(のりをこえてる)な」という結論に到達しました。

==
今日は、これから火曜に試験を受けられなかった人の追試で大学に行きます。

コメントは受け付けていません。