病院話

昨日は、詩吟教室でした。詩吟グループは平均年齢が高いため(私が最年少)、病気の話題には事欠きません。

(1)Aさんの御主人:
左腕がしびれるのでお医者さんに行ったところ、右脳の所に血がたまり、脳が圧縮されて脳のヒダヒダが無くなっていたそうです。幸い、血を抜く手術は成功し、2か月経った昨日は脳のヒダヒダがほとんど元に戻り、運動の許可も降りたそうです。

(2)Aさんの友達:
泌尿器系のガンが疑われ、組織を取って検査を行ったそうです。組織を取る際、お医者さんが誤って血管を切ってしまい、一時は家族が呼ばれて死の覚悟をするように言われたそうです。幸い命をとりとめ、検査結果もガンがなかったそうです。検査でも命を落とすリスクがあるんですね。

(3)Bさん:
腰痛と首痛に悩まされ病院に行ったところ、原因がはっきりせず、手術しても治る保証はないと言われ、鎮痛剤で押さえているそうです。神経ブロックの注射もあるそうですが、神経ブロックの注射一本で車椅子状態になってしまうことがあり、危険を伴うそうです。知りませんでした。

(4)私:
先月末受けた結石破砕手術は、手術費が7.8万円、一泊の入院費他で合計は10万円を越えました。(ベッド代の話は聞きましたが)手術費の話は、手術前に聞いていませんでした。最近は、生活が苦しい家庭も少なくないと思います。医療費って安くないんだな、と思いました。

==
私は、来週の水曜から授業です(大学は18日から始まっていますが、今週の水曜は連休で休みだった)。
教員2名体制で行う授業の関しては、相方の先生から打ち合わせのメールが来ました。
来週月曜は、浦安の病院へ行くので、帰りに大学へ寄って授業の準備をしてこようかと思っています。
今朝、メールを見たら「自然言語」を落とした学生さんから(会いたいという旨の)メールが来ていました。面倒な話じゃないといいのですが。

午前中、疲労で固まってしまって内臓や筋肉を柔らかくするためマッサージへ、午後は日曜の詩吟発表会に備え声帯の運動へ。

==甲音備忘録==
(1)口の中の空気の流れる道を、下図のように口の空気の出口と相似形にする。

(2)唇をタラコ唇になるように唇の中(本当は唇の内側に空気は入らないが)に空気を入れるイメージ。
今日あたり、何とか甲音の出し方の手掛かりを掴んだ感じです(見通しがついた感じ)。

コメントは受け付けていません。