富士山

詩吟では、機会があるごとに、これを合唱するそうです。江戸時代の作品らしい。

  富士山  <石川 丈山作> (ふじさん  <いしかわ じょうざん> )
仙客來り遊ぶ雲外の巓 (せんかくきたりあそぶ うんがいのいただき)
神龍栖み老ゆ洞中の淵 (しんりゅう すみおゆ どうちゅうのふち)
雪はがん素の如く煙は柄の如し (ゆきはがんそのごとく けむりはえのごとし)
白扇倒に懸かる東海の天 (はくせん さかしまにかかる とうかいのてん)

==
仙人が遊びに来て、洞窟には龍が住み、雪は白絹のようで、煙は扇の柄のようで、
白い扇を逆さにしたように見える。

雑でスミマセン_o_

コメントは受け付けていません。