プロのホホエミ

(1)昔、看護専門学校の廊下で女子学生の質問に答えていた時、そこを通りかかった別の女子学生が、質問していた学生に「なに営業笑いしてんのよ」とチャチャを入れました。
その時、質問していた学生の表情は確かに「営業笑い」だな、と思い「営業笑い」という笑いがあることに気付きました。

(2)私のマンションの入口のドアは、外部からは鍵がないと開きませんが、内側からはドアに近づくと開きます。
先日の帰宅時、外から鍵で開けようとすると、内側に立っていた女性(70歳位)が、2、3歩ドアに近づいてドアを開けてくれました。私は感謝のおじぎをすると、その女性はニコッと微笑みました。その時のホホエミは洗練された魅力的なホホエミで、普通の人のホホエミとは明らかに違います。昔、モデルでもやっていたのかな?と思いました。

私はそれを「プロのホホエミ」と名付けました。どんなホホエミかうまく説明できないのですが、「AKBのメンバーのホホエミ」と「宝塚のメンバーのホホエミ」の違い、って感じです。
他の分野の例で言うと、プロの歌手と素人では明らかに歌のうまさが違いますが、あんな違いです。

「プロのホホエミ」は、多分、顔の表情筋のどこかを鍛えないとできない技だと思います。ネットにそんなトレーニングサイトがあるかな?と思って探しましたが、みつかりませんでした。

女性にとって「プロのホホエミ」は、大きな武器になるので、ホホエミスクールのようなものを作ると繁盛するかもしれません。

情報科としては、「営業笑い」と「プロのホホエミ」そして「素人の笑み」を科学的に比べると面白いかもしれませんね。

==
昨日、プログラミングの中間テストをやりましたが、1/3位落ちこぼれていました。1年生の最初から放り出すのは可哀そうなので、その人たちを水曜日(明日)に集めて個別指導しようと思っています。非常勤だと個室がないので、個別指導をしようとすると、部屋を取ったりしなくてはならないので、結構面倒です。

昨日、昼ごろ船橋付近は大雨が降りました。「降れば土砂降り」(It never rains but it pours.)って感じですね。このところ雨が続き、木曜以来まともな運動をしていません。今日は、雨の影響がないショートテニスに行こうと思っています。

コメントは受け付けていません。