朶(だ)

昨日テレビで、アジサイの花の一玉は、一朶(いちだ)、二朶(にだ)と数える、と言っていました。
「昭和維新の歌」には「散るや万朶(ばんだ)の桜花」という一節があります。

朶とは、アジサイに限らず、「花や雲のかたまりを数えるときの言葉」のようです。

朶を使った単語には、
【歯朶】しだ:シダ類に属する植物の総称。
【耳朶】じだ:耳たぶ。「耳朶(みみたぶ)」に同じ
などがあります。

今日は9:00~10:30テニス、帰宅後再来週の授業の準備。

コメントは受け付けていません。