甲状腺

福島の子供たちに50人の甲状腺がんがみつかったというニュースが有り、県民健康調査検討委が放射線影響とは考えにくい、という見解を発表しました。

「県民健康調査検討委」の判断は合理性があるか、今日非常勤室で専門家に聞いてみました。

解答:
チェルノブイリの例では、甲状腺がんが発生するのは被爆5~10年後なので、今回の50人は、原発による放射能の影響とは言えないのではないか、とのことでした。あと、5~10年ぐらい追跡調査をする必要があるそうです。
ただ、その先生の考えでは、福島はチェルノブイリに比べて被爆量がかなり少ないので、チェルノブイリのようにはならないだろう、とのことでした。

==
ついでに、ヨーソが甲状腺に集まるメカニズムを教わりました。

甲状腺から分泌されるチロキシンという(成長などに影響する)ホルモンには、ヨーソが入っていて、ヨーソは外部から取り入れる必要があります。そこで、体には、ヨーソを甲状腺に集める仕掛けがあるそうです(体ってうまくできているもんですね)。

コメントは受け付けていません。