ミックスダブルス

予備知識:私のテニスクラブの女性の実力は男性並みで、ミックスダブルスでも手を抜く必要はありません。

先日のミックスダブルス(Aチーム対Bチーム)での出来事です。
(1)A男がサーブを打ち、
(2)B女がレシーブを打ち返す、
(3)戻ってきた球をA女が軽く打ってネットへ引っかけて、
Bチームの得点になりました。

A女が激しくクレーム:B女さんがレシーブを打った時、「フォールト」と言いました。そのため私はゲームをストップしたんです。
B女激しく:私は「フォールト」なんて言っていません。
A女激しく:いや、確かに言いいました。
B女激しく:言ってません。
B女がB男に確認:言ってませんよね。
B男:(かかわりあいになるのを恐れて小声で)言っていない気がします。
A女がA男に確認:聞こえましたよね。
A男:(かかわりあいになるのを恐れて小声で)聞こえた気がします。
A女:言いました!
B女:言ってません!
B男(私):(怖くなって、恐る恐る)ノーカウントでサービスからやり直しましょう。 女性陣は不満そうでしたが、意義がでなかったので、A男も賛成しゲーム再開。

==
この女高男低の風景、家でもよく目にするな、と思いました(おばさんは怖い)。

1ポイントに対する執念の違いが、男子バレーボールと女子バレーボールの違いかな、とも思いました。

コメントは受け付けていません。