Gray Christmas

今まで、クリスマスと言えばホワイトしか思い浮かびませんでしたが、今年は少し色が違いました。今日は、午前、午後、ダブルヘッダーで慈恵大病院へ付き添い、2人の病状についての説明を受けました。
年をとると、こんなクリスマスも増えてくるのかな、と思いました。

午後の部は6時近くまでかかりましたが、5時半位になると15人位の看護婦さんが(2グループ)ロウソクを持って、「きよしこの夜」を歌いながら廊下を行進していました。
♪、、、救いの御子は、、、♪
の所に来ると、「ここで病気で苦しんでいる人が皆救われればよいのに」と思えて、あまりにもリアルで「天使の歌声」って感じで胸に響きました。

==
個人的メモ:
ここ2,3日に作成した卒研プログラムチェック用プログラムの出力画像。ほんの少しクリスマスっぽい。
 

コメントは受け付けていません。